第四章 女性を知る

前置き

女性にモテたいと思うのであれば、

まず男性と女性の違いについて

知っておくのが良いと思います。

男性と女性は、体だけでなく

脳の作りも全く違います。

男性基準で考えても

理解できないことが山ほどあります。

そういった差異を知っていれば、

女性とコミュニケーションに

自信が持てますし、

女性の行動に対していちいち

イライラしなくなります。なので、

本章では男性と女性の違いについて

説明していきます。

感知能力が桁違い

皆さんは「女の勘は鋭い」という

言葉を聞いたことがあると思います。

実は本当にそうで、

女性は男性よりもはるかに高い

感知能力を持っているんですね。

女性が高い感知能力を持っている

理由は、まだ人間が狩猟生活を

していた時代に由来しています。

人間がまだ狩猟をしていた時代、

女性は家で子供を守る役割を

担っていました。女性は家と子供を

危険からいち早く遠ざけるため、

敵の気配や環境の変化に気づく能力を

身に着けました。

人間が狩猟していた時代は非常に長く、

その時代の習性はまだ我々の中に

色濃く残っています。

女性達の勘が鋭いのは、

家や子供を守るための能力なんです。

 

また、コミュニケーションにおいても

その感知能力は使われます。

男性が嘘をついているか?

ストレスを感じているか?

自分を本当に愛しているか?

など、ホルモンの変化などを通して

感じ取ることができます。

嘘をついている男性や

うわべだけの男性は、

どうやっても女性にばれるんですね。

 

加えて、女性はストレスホルモンが

大量に出ている男性を嫌います。

ストレスが多い男性は、

ストレスケアをしていかないと

女性が寄ってこないので

気を付けましょう。

女性は地図が読めない

男性は基本的に女性よりも

空間把握能力が優れています。

地図を読んだり、

車をバックで入れるのが得意です。

これは男性が狩りに行った後、

ちゃんと家に戻って来るために

身についた能力です。

なので女性には

備わっていないんですね。

 

他にも、

男性は一つのことに集中でき、

女性は多くのことを同時にこなすこと

ができます。

男性は目的を持って集団行動する

のに対し、

女性はコミュニケーションそのもの

を重要視します。

男性は些細な物事を無視できる

のに対し、

女性は些細な変化でも気にします。

といった感じに、

狩猟時代に培われたものの差で

男女は大きく異なるんですね。

このことを知っているだけで、

女性のたいていの言動や行動を

許容できるようになります。

性欲の周期

性欲に関しても男女では

大きな差があります。

男性が年中性欲が高いのに対して、

女性は月周期で性欲の落差があります。

これは男性ホルモンと女性ホルモンの

特性の違いが原因です。

男性ホルモンというのは、

テストステロンと

ジヒドロテストステロン

の二種類のことで、単純に

テストステロンが多いと

性欲は高まります。

しかし、

女性ホルモンは

4種類のホルモンで構成されており、

その比率は毎日のように変化します。

女性の感情や性欲の浮き沈みが

激しいのは、主に女性ホルモンが

原因です。女性ホルモンは女性本人の
意志とは関係なく働きますので、

周期的に女性の雰囲気がガラッと

変わるのは仕方ないことなのです。

 

男性は、これらの男女の差を

理解しながら女性と接していく

必要があります。今の時代、

こういった男女の差に理解がある

男性はかなり少なくなっています。

昔は男女が直接コミュニケーションを

取る機会が多かったために、

男性は男女の差を

経験で学ぶことができました。

しかし、今はそういった経験を積める

機会がだいぶ減ってきているため、

男女の差について理解に苦しむ人が

増えています。

 

そんな状況の中だからこそ、

男女の差を理解できる男性が

求められています。

昨今の日本の女性が男性に

求めているもの、それは

許容

だそうです。

自分の変わっている所や

劣っている所を、気にせず

全部受け入れてくれるような男性が

求められています。

「許容」ができる男性と、

できない男性では

モテ度が別格ですので、

是非とも押さえておきたいスキルですね。