オナ禁はプラシーボなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しばしば
「オナ禁はプラシーボ効果だ!」
という人がいます。

オナ禁否定派と肯定派の議論は
これまでずっと続いていますね。

まあ決定的な論文がまだないので
しょうがないと思うんですけど。

オナ禁がプラシーボ効果なのかどうか、
研究者でもまだわかりません。
しかし、どちらにせよ
効果はあるのでやるべきです。

 

そもそもプラシーボ効果があるなら
絶対やった方がいいですよね。

プラシーボ効果をただの勘違いだと
思っている人は多いですが、
プラシーボ効果によって体は実際に反応します。

プラシーボ効果で病気が治った例や、
免疫力や筋力が上がる事も分かっています。

これは最新の科学で分かった事なのですが、
人間の体は自分がイメージする自分になろうとする
という事が証明されています。

勘違いでも何でも、
理想の自分をイメージする人は、
体の細胞や脳が改変するのです。
これは決してオカルトではなく
最新の科学なのです。

オナる自分をかっこいいと思う人は
流石にいないでしょう笑
だから自己嫌悪に陥り、
「俺なんて…」
てなります。
そういう時間が長ければ長いほど、
逆に悪いプラシーボ効果が働いて
本当にダメな男になるのです。

多くの人は、
他人が見てる所でだけカッコ良く、
他人が見てない所でカッコ悪くなります
そういう人がどんどん自信なくなっていくんです。

単純な話です。
他人が見てない所でもカッコイイ自分になるのです。
その為のオナ禁なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*