ジョジョから学ぶ呼吸と血液

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が好きな漫画に
「ジョジョの奇妙な冒険」
ていうのがあるんですけど、

こういう漫画からでも
色々と得られるんですよね。

ジョジョの第一部で、
ジョジョの師匠にあたる
ツェペリ男爵の言葉にこういうのがあります。

「簡単に説明すれば「呼吸」には「血液」が関わっている!
「血液」は「酸素」を肺から運ぶからだ!
そして「血液」中の「酸素」は「体細胞」に関わっている!
「体細胞」イコール「肉体」!!
つまり! 水に波紋を起こす様に呼吸法によって「肉体」に波紋を起こし
エネルギーを作り出すッ!」

ジョジョの作者はこのセリフで、
呼吸は肉体のエネルギーを作り出すメソッドだ
という事を言いたかったんですね。

ジョジョの世界では波紋呼吸法により血液の流れを作り出し、
肉体をエネルギーで満たし、
3部ではそのエネルギーがアストラル体である
幽波紋(スタンド)にまで昇華するんですね。

 

私も流石にスタンド使いに会った
事はないですけど、それでも
「この人のオーラやばいな」
っていう人には結構会いますね。

それでよくよく聞いてみると、
オナ禁や呼吸を学んでたり、
人間の体に詳しいんですよね。

ジョジョの作者もきっと人間の体について学び、
その学びを漫画に生かしているんですね。

他にもジョジョから学ぶ事といえば、
強い敵ほど乱れた感情を整える方法を持っている
という事ですね。

例えば、
大泣きする事で冷静を取り戻すエシディシ
目を潰す事で自分を戒めるワムウ
素数を数える事で勇気を得るプッチ神父
とか。

どんなに強い人間でも、
心が乱れる時は必ずあるんです。
重要なのは、いかに乱れないかではなく、
乱れた時に何をするか決めておく事です。
ルーティンワークというやつです。

感情の乱れは呼吸の乱れ。
呼吸が乱れては脳に十分な酸素がとどかず、
適切な判断ができません。

性欲も必ず上がる時がきます。
だから重要なのは、
性欲が上がった時に何をするか決めておく事です。

呼吸を血液を味方につけ、
自分の隠されたパワーを引き出してください^^

冗談抜きで時間の流れが変ります。
止めるのは難しいですが笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*