オナニーかセックスか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オナニーとセックス、

どちらが気持ちいいかという考えは

人によって違うと思います。

 

「セックス全然気持ちよくない」

という人もいれば、

「オナニー全然気持ちよくない」

という人もいると思います。

 

しかし、

「どっちも気持ちいい!」

という人って不思議といません。

その理由は、

男性の体はどっちかでしか

感じる事が出来ないからです。

 

オナニーに最適化した結果

オナニーとセックスの決定的な違いは、

一部で感じるか全身で感じるかです。

 

オナニーはペニスしごくので、

一部しか刺激されません。

セックスっていうのは、

体を重ねるので全身が刺激されます。

 

人間の体というのは、

刺激されない部分は刺激を感じなくなっていきます。

 

要するに、

普段からペニスだけ刺激している人は

ペニス以外の場所で感じる事が

出来なくなってしまうのです。

 

ペニスでしか感じないので、

セックス中は「挿入したい!」

しか考えられないし、

体を重ねても刺激を感じないのです。

 

オナニーに慣れるということは、

セックスでどんどん感じなくなっていく

ということなのです。

 

ポイントは”毛細血管”のバランス

普段全身を使った運動をせず、

ペニスばっかりしごいている人の体は、

股間の周りだけ極端に

毛細血管が張り巡らされています。

 

そういう体ですから当然

股間に血液が集まりやすくなるので、

性欲があがりやすい体になります。

そんな体のまま行為に挑んでも、

まともに思考が回るわけないんです。

 

普段から全身運動をしていると、

性欲を逃がす感覚がつかめるようになります。

これは股間に集まった血液を

別の場所に流すことで、

性欲をコントロールしているのです。

 

この感覚を手に入れるだけで、

オナ禁もセックスも格段に上手くいきます。

 

全身運動はHIITトレーニング

というのがお勧めです。

全身に血管が張り巡らされていくイメージで

みんなで頑張りましょう^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*